タカナエンカウント

色々な本やゲームに出会い、その感想などを不定期に書いていく

MENU

冴えない彼女の育てかた 12巻 感想

モンハンに現を抜かしで、すっかり本業を忘れてた(ー ー;)

最近モンハンの記事ばっか書いていますが

本来ラノベの感想書く為のブログなんだよね。

 

はい、そんな感じで冴えカノの感想書いていきます。

 

 

 

あらすじ

 加藤恵、メインヒロイン辞退!? サークル分裂の危機、再び――
突然の電話を受け、待ちに待った加藤恵との誕生日デートをドタキャンして
倫也が向かった場所は――病院だった。
そこで知らされた予想だにしない状況に、倫也は大きな決断を迫られ……!?

 

感想

いやーもう待った事待った事、前巻のあの終わり方はダメだって卑怯ですよ。

特に考察とかはしてないんですが、

私はてっきり恵が倒れてしまったのかと思いましたよ。

 

 ※以下含みます

 

今巻の内容をざっくり言うと

倒れる紅坂朱音

旧blessing software 再結成

遂に告白……

今巻の主要キャラにスポット当てながら

感想でも書いていきます。

 

 

紅坂朱音

だからテメェはダメなんだよ!あいつらを成長させることができなかったんだよ!

 

って倒れたのはのお前かーい

恵との好感度最高潮の時にデート断ってまで

お見舞いに行っちゃうかー倫也君

実際紅坂朱音は倫也にとって憎っくき相手であって恵の誕生日の日のデート断ってまで行っちゃう相手かね。

 

倫也にとってはこの作中で唯一対等でそして上から物を言ってくれる人なのと、英梨々と詩羽先輩の預け先なのでまあ放っておく訳にはいかないよね。ここで放ってたら倫也じゃない。

 

そして倒れた紅坂朱音の代わりに

マルズと英梨々詩羽先輩の橋渡し役をやるという話でしたね。

つまりフィールズクロニクルの代理プロデューサーになると。

自分のゲームを放り投げで行ってしまうのは

どうかと思ったが、

英梨々と詩羽先輩のゲームは良ゲーでは無く

神ゲーで無くてはならない。

それは自分のゲーム作りと同等の重要さなんだよねぇ。

 それにあの二人を同時にコントロール出来るのは、紅坂朱音を除いては倫也しかおらんしね。

 

それにしても今回の朱音さんは可愛かったなぁ 

あの立ち位置って凄くいいキャラだよね。

倫也と喧嘩するところはすげー読んでて楽しかったなぁ。

案外倫也くん紅朱企画に就職したらいいんじゃないかね。

まあそれだとちょっと違う気がするけど

割と収まりは良かったよね。

 

霞ヶ丘詩羽

いいえ、一年ぶりのチーム再結成よ

 

ああーやっぱこの人好きだわ俺

外伝の恋するメトロノームは何か合わなくて読むのやめちゃったけど。

それでも詩羽先輩好きだなぁ。 

 

彼女が英梨々と倫也と一緒にいる時は、読んでててニヤニヤが止まらないね。

英梨々と恵が感動的な友情見せてる所で

倫也と過ちを犯そうとしてる所なんて最高

そしてそこに鋭すぎるツッコミを入れるミチルも最高でしたね。

 

後この作品でかなり好きな部分があって

『……っ!』って言ってダメージ受けてる感が出てるの凄い好き

 

澤村英梨々

あたしは、"柏木エリ"なんだからっ!

 

今巻は心理描写とかその他もろもろボヤかしまくりでモヤモヤが止まらなかったよ……

それは次巻のガールズサイド3で補足されるんだろうけど、モヤモヤしまくりだったなぁ。

 

私的にはちょっと英梨々は倫也と恋愛仲になるのは諦めてる節がある気がするのよね。

澤村英梨々では無く、柏木エリとして倫也の近くにいようとしてる感じかなぁ

 

『ま、とにかく…お前は、待ってろ』

『俺が、正々堂々と、胸張って、柏木エリを、雇いに来るのを、さ』

カッコいい!カッコよすぎるよ!倫也くん!

ここトキめいちゃったよ!!

でも、その後の英梨々の心理描写もボヤかしててモヤモヤした!!

ガールズサイド早くしてください(憤怒

 

 

加藤恵

俺…恵が好きだ!三次元のお前が好きだ!

 

とうとう12巻にして言えたよ……

もう1巻くらいから何時言うんだろうって

ずっと思ってたよ。

やっぱこの作品のヒロインはお前だよ!って感じですね。

 

始め喧嘩しちゃった時はもうどうしようかと

でも何で倫也を許したんだろう

あの気持ち悪いメールでトキめいたのかな?

何となく許した理由は分かるけど

ここもちょっとボヤかしてるからなぁ

ガールズサイド3を早く(迫真

 

 

まとめ/後書き

いやーとうとう告白しましたね。

周りも分かり切ってる事なんで、そんなに大事件にはならなそうですが……

 

まあ大事件といえば、

何と!冴えない彼女の育てかた

次巻の13巻で最終巻!と………。

 

もう後書きでこれ見た時は喪失感が半端なかったです。

もう二つ目のゲーム作りの時から、これが最終章だなとは思っていましたが

いざ現実になるとかなり寂しいですね……

ちょっと早いけど最高の作品をありがとうございました。 

 

次巻はガールズサイドですけど

ほぼ本編なので楽しみです……

 

それでは!次はガールズサイド3の感想で!