タカナエンカウント

色々な本やゲームに出会い、その感想などを不定期に書いていく

MENU

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 12巻 感想 【ダンまち12巻】

 

 f:id:takana_encount:20170622103528j:image

はい、どうもタカナです。

発売からかなり経ってしまってますが感想書いていきます。

と言っても読み終わった直後に書いた感想があるので、それを添削するだけですが……

そんな感じに埋まってる感想が山程あるので今日からドンドン解放していきます。

 

それではあらすじの後に感想

 

あらすじ

 

そして、少年は再び走り出す。

好敵手との死闘を経て成長を遂げたベル。

昇格(ランクアップ)、神会(デナトゥス)、称号。

人々や神々、オラリオ中の注目を集める中、彼のもとにもたらされるのは一通の書状だった。

 

「強制任務(ミッション)……『遠征』?」

ベル・クラネルは『資格』を得た、更なる冒険に臨め――。

ギルドより届いた指令がベルを新たな舞台へと導く。

迷宮攻略のために発足される『派閥連盟』。

これまで戦ってきた仲間達とともに、

新たな階層、新たなモンスター、そして新たな『未知』に挑む。

 

新章開幕、下層域『新世界』へと突入する迷宮譚十二弾!

これは、少年が歩み、女神が記す、 ──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

 

感想

今巻も最高に面白かったです。

作者の後書きにも書いてありましたが、

久しぶりにダンジョン!って感じでしたね。

 

はい、じゃあ今巻の内容をざっくり言うと

ランクアップ…新たな二つ名

始めての遠征と始めての下層

知性を持つモンスターと人魚のゼノス

でしょうか。

 

 

ランクアップ…新たな二つ名

今巻はベルくんのランクアップから始まりました。

前巻アステリオスとの闘いがきっかけでしょうね。そして新たなスキル「オックススレイヤー」ミノタウロス系と闘う時に大幅な能力補正がかかると言う完全にミノタウロスキラーとなったベルくん。

彼との再戦を果たすと言う目的が出来て、

より明確に強さを求めるようになったベルくんはかっこいいね。ヘスティア様じゃないけど惚れ直しちゃうよ。

 

惚れ直すと言えばエイナさんですよ!

もう完全にベルくんにホの字ですよ!!

見ててニヤニヤしちゃいますよ!

次巻はエルフ関係のお話になりそうで

また絡みが見られそうで今から胸が高鳴りますね。

 

そしてランクアップした時の恒例行事と言えば

神会デナトゥスでの二つ名付けですよ!

これランクアップしたら毎回二つ名変更出来るんだね、始めて知りました……。

ずっとベルくんの二つ名が変わらず

「リトルルーキー」で可哀想だなー

ヴェルフは「不怜」とか言うくっそカッコいい二つ名貰って羨ましいなぁと思ってたんですが杞憂でしたね。

 

今回のランクアップ者は

千草、ヴェルフ、ベルくんの3人。

千草は「比翼少女」って言う地味にカッコいい二つ名。由来が全然分かりませんが強そうですよね(落第騎士感

 

ヴェルフは相変わらず「不怜」もうずっとこれで良いんじゃないかってくらいですね。

「あんたに鍛えられた俺の熱は、こんなものじゃ冷めやしない」

書いてて鳥肌ブワッと立っちまったよ。良い意味でですよ?男前でカッコ良過ぎるぜヴェルフ。

8巻読み直したら、彼は次回行われる神会で「不怜」と名付けられると書いてあったので、まだ正式な二つ名ではなかったんですね。

 

そしてベルくん。

フレイヤやロキ達神々が色々とちょっかいかけてましたが、最終的に貰った二つ名は

「兎の脚(ラビットフット)」

兎みたいな容姿と類い稀な俊足を称えた二つ名みたいです。

まだ英雄感が弱いなって思いますがリトルルーキよりはカッコ良いのでオーケー。

 

始めての遠征と始めての下層

高ランク者が増えた事でファミリアランクが上がるヘスティアファミリア。

Dランク以上の「探索系ファミリア」は一定周期で【遠征】に向かうことを義務付けられているらしく、今巻はギルドからのミッションで遠征に向かう事になりました。

もちろん【ヘスティアファミリア】だけでは下層に行くのは厳しいので

いつもの人たちに助けを求めます。

タケミカヅチファミリア】からは千草と桜花

【ミアハファミリア】からダフネとカサンドラ

【ヘルメスファミリア】からアイシャ

計10人という大所帯での遠征。

 

いやーダフネとカサンドラ出番あったよ!!

ヘスティアファミリアに入るんじゃないかと思っていたのに、

入らなかったから出番なくなっちゃったよ!!

と落胆していたのですが、しっかり出番来ましたね。

地味に回復系魔法を使えるヒーラーがいなかったので大きいですね。

いやでもカサンドラの回復魔法優秀ですね。

【ソールライト】という魔法で複数人回復できる範囲回復魔法なんですよ!

いやー強い強い。

LV4が2人

LV2が6人

LV1が2人っていう構成かな。

下層までの到達LVはLV2でステータスがC~Sらしいので

LV4が二人もいたら楽勝って事でスルスル進んでいきます。

 

まあ今回注目すべき点はゼノスの経験を経て皆が成長しているって所です。

それぞれが下層に向かうにあたって自分の力を磨くんですよね。それじゃあ、

ファミリア皆の成長点を書いていこうかね。

 

 

リリルカ・アーデ

やっぱり階層が下に行くにつれて、サポーターでLV1のリリはキツくなっていくってのをバッサリ言われた今回ですね。

前から、そうなってしまうなと思っていたのでどうするのかと思ったら

「指揮官」として皆に指示する役になりました。

PTの中では「指揮官」に一番向いていますがLv1という問題点はクリアしてないんじゃないかなぁと心配していたら。

この「指揮官」っていうので同じパルムのフィンものし上がったという。。。

ピッタリじゃないか!!

元から指揮官みたいな事をやっていましたが、今巻からしっかり役職として「指揮官」となってPTを導いていく存在になりました。

 

ヴェルフ・クロッゾ

やっぱ鍛冶屋っていると楽だわ(ダフネ感

魔剣に目が行きがちですが鍛冶屋の能力は凄い上がっていますね。

ファミリア全員の武器防具を一人で賄っているのは凄いです。

そして地味にゼノスからレアアイテムを貰っているという・・・

 

前から少し疑問だったのですが、魔剣で倒したモンスターの経験地はどういう計算になっているんでしょうかね。

 

ヤマト・命

いやー今巻かっこよかったよ命ちゃん!!

とりあえずスキル優秀ですね!

 

まあそれよりも今巻、必殺技的なものを手に入れた命ちゃんコレがカッコ良いんだなぁ。

自分の二つ名から言葉を借りて

「絶華」

というくっそカッコいい名前の居合い切りと

「円月蹴(ミカヅチ)」

というサマーソルト。

絶華放った時あまりのカッコよさに震えましたね。

 

サンジョウノ・春姫

彼女もリリと同じでLV1ですが

「ウチデノコヅチ」という

チート魔法を持っていて役割は十分にあるのですが、更に強く、更に皆の力になりたいということで今巻更にチートになります。

 

春姫はなかなかランクアップ出来ないと思うので、どうやって強くなるのかと思ったらそこは流石アイシャさん。

魔道書(グリモア)を持ってきちゃったよ。

んで発現した魔法がこれまたチートでした。

普通に強力な攻撃魔法か防御魔法を覚えるのかなと思ったら、

そこは【妖術師】一味違いました。

新たな魔法名「【ココノエ】」

いやーもうココもね震えた。

詠唱の文がベルくんの事言ってるし、呪文連結とかしますし。

絶体絶命のピンチでしたし、一体どんな魔法なんだと心躍りましたね。

 

魔法の能力は「装填」

簡単に言ってしまえば1つの魔法を最高で9つに増やす事が出来る・・・

強い!!普通の魔道士が使っても強いんですが・・!!

春姫が使うと笑っちゃうくらい強いです。

 

 

 

「【ウチデノコヅチ】」を最高で9人までに施すことが出来ると・・・

ひええー強い。

特にデメリットとかは見た感じなかったですね。

しいて言うなら【ココノエ】を使ってしまうと消耗が激しいって事でしょうか。

「1人を何回も階位昇華させる」か「一回だけ何人も階位昇華させる」という感じの使い分けになりました。いやー強い。

 

 

知能を持つモンスターと人魚ゼノス

いやーもう長くなってしまったのでサクッと書きます。

 

今巻の敵は知能をもったモンスターでした。

知能といってもゼノスの様な感じではなかったです。

 

ゼノスと知能を持つモンスターの一番の違いは私が思うに、

「憧憬の有無」だと思っています。

「地上への憧れ」や「ライバルへの再戦」などの夢を持ったモンスターが、

ゼノスという存在になるって感じだと思います。

 

この知能をもつモンスター「強化種」が本当に強かった・・・

身体的な強さはLV4と同等くらいなんですが、

本当に狡賢くて頭が良い・・・私も読んでて騙されました。

色々罠貼ったりしてきたり、大規模なモンスターパレードを自分で起こしたりとしてくるんですが、それすら強化種の策だったんですよね。

もうモンスターパレードの時は絶対絶命でやばい!!

だけど春姫の新魔法で大逆転した!よっしゃ勝ったぜ!と思っていたら

そのモンスターパレードで倒したモンスターの魔石をコツコツ集めて

自分の力を増大させてるんですよ!!くぁー強いそしてウザイ

もうそれでLV4と同等だった強さが更に強くなり、アイシャさんが負けてしまい

またもや絶体絶命のピンチ…!そんな時に

来てくれるのが我らのベル君ですよ。

 

人魚のゼノスについては割愛します。

とりあえずモンスターでも良いかな?って思えるくらいには可愛かったとだけ言っておきます。

 

もうベルくんカッコいいよー

駆けつける時に

「リリィイイイイイイイイイイイイイイ」って叫びながら来るの

もうカッコよ過ぎですよ・・・・

アイシャさんより強くなった強化種ですが、

やはりLV4までのステータスの貯金が大きいですからね。

正面からの戦いでは圧倒するのですが、再生力が高くて致命傷を与えられない・・・

 

そこで今巻ずっと伏線を張っていた新技ですよ!!

魔力の伝導性が高いミスリルで作られた

ヘスティアナイフ】

そして「集束」という特性を持った

【英雄願望(アルゴノゥト)】

この二つをかけあわせた

『二重集束(デュアルチャージ)』

 ヘスティアナイフにファイアボルトを打ち込み、そのままアルゴノゥトを発動

剣が炎と光に包み込まれて、極限まで高められた一撃

「聖火の英断(アルゴ・ウェスタ)」

かっこいいいいいいいいいいいいいいいいい

かっこよすぐるうううううううううううううう

この発想はあった!でもちょっとだけ私の想像とは違った!

ベル君は圧倒的な敏捷力があるけど

こういう大型のモンスターを一撃で屠る能力が少しだけ低かった・・・

いや低くは無いな、4分間チャージすれば良いんだから。

とりあえず必殺技ですよ!!心躍らないわけが無い!!

 

まあこれを喰らったら再生力が高い「強化種」と言えど

一撃ですよ!!はぁーかっこいい。

 

まとめ/あとがき

いやー本当に面白かった。久しぶりに「ダンジョン」で「冒険」でしたからワクワクしましたね。私がダンまちにハマった5巻を思い出しました。

 

これだけ書いても、まだまだ語り足りないのですが流石に長すぎるので切り上げたいと思います。作者にファンレターとか送ってみたいね。

 

はい、それでは今回は以上です・・・・

 

と思わせてまだ語りす!!!!

 

これを語らずに終われないですよ!!

今巻最後ですね。

「強化種」を倒して18階層のリヴィラの街で宴会を開こうとしている所に

慌てた冒険者の一報・・・・

「殺しだ!街の外で、同業者がやられた!」

「犯人も見たんだ!」

ブラックリストの賞首・・・あの『疾風』だ!!」

 

ええええええええええええええ気になるうううううううう

強化種をカッコ良く倒してチャンチャンって感じで気持ちよくなっていたのですが、

ふぅー最後に大きな爆弾を残していかれちゃったよ・・・秋まで待ちきれないですよ!!

 

えーepisodeリュー読んだ方が良いのかな

漫画版つまらなく感じたから小説買って無いんだけども・・・

 

でもリューさんに限って人殺しかぁ・・・

また誰かが嵌めようとしているのか、

それともリューさんがまた罪を背負ってでも復讐をしているのか・・・

私気になります。

とりあえずepisodeリュー買ってきます。

 

それでは長文ご精読ありがとうございました。