タカナエンカウント

色々な本やゲームに出遭い、その記事を書いていく

りゅうおうのおしごと! 1巻感想 竜王と天才JSの将棋物語!!

 f:id:takana_encount:20180102212251j:image

どうも、タカナです。

 

今回は私にしては珍しくアニメする前の作品の感想です。

といっても今年の春からやるんですけどね。

 

それでは、あらすじの後に感想

 

あらすじ

玄関を開けると、JSがいた――
「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に
押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、
八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――

 

 

感想

いやービックリしました。

将棋はルール知ってちょっと指した事があるぐらいで、そこまで詳しく無いですし、別段好きって訳でも無かったのですが、

とても面白いと感じました。

将棋の専門用語を言われると「??」ってなりますが、それでも伝わる

熱さがあり読む手が止まりませんでした。

これは次の巻が大変楽しみです。

 

それでは、ざっくりした内容を

弟子にしてもらいにきました!

登場!白銀の騎士

天才小学生VS浪速の白雪姫

みたいな感じでしょうか。

 

いやー本当に面白かった!!!

 

この作品のすごいなぁ…って思う所は

読み始めから作品の良さが見える所ですね。

 

主人公キャラや周辺の重要キャラの魅力、

作品の背景が掴みやすく、

すぐに作品の中に入り込めて楽しく読めました。

 

やはり一度長期連載と言うか、アニメ化した作品を世に出した作者の2作目ってのは本当に上手いなぁと感じますね。

最近ですと出版社が違いますが

俺妹の作者のエロマンガ先生とかでしょうか。

あの作品もキャラの魅力がとてもあり

作品に入り込みやすかったですからね。

 

やはり新規読者を掴めるかどうかは

この一番始めに、いかに作品の良さを詰め込めるかだと思います。

始めはあれ?って感じでも読み進めたら面白い作品は沢山ありますけどね。

また「例えば」ですが、有名どころですと

リゼロとか劣等生とかでしょうか、

リゼロは本当に始め読むのキツイですからね。

ウザい主人公、長く続く暗い展開……

 

すぐに次読みたいので、ちょっと感想少なめですがごめんなさい。

後で書き足します

 

それでは次の2巻の感想で会いましょう。